猫と暮らす台所 2024

06_IMG_9211
01_IMG_92081
02_IMG_9254編集
03_IMG_2161トリミング
05_IMG_9324
05_IMG_2155トリミング2
previous arrow
next arrow


猫と暮らす台所


竣工年 2024
工事種別 改修
所在地 松江市宍道町
主要用途 住宅 + 工房
主要構造 木造
改修面積 26㎡(7.87坪)
施工 新宮建築
撮影協力 株式会社クロダ


職住一体となること、猫がやってきたことによって、暮らし方が大きく変化するご家族に寄り添う改修工事です。
生業となる染め物とジャム作りの工房を設けたいという要望から打ち合わせがスタート。広い敷地内のどこに設けるか様々な選択肢がある中で「(工房を新設するのでなく)既存建物の一室を改修して(住まいの)台所をコンパクトに作り直すこと」が決まりました。

これまで使っていた台所は独立した工房として利用して、新たな台所を家の中心に設けることで快適な生活動線を作ったり、行燈部屋を解消できたりと、小規模な工事で家全体に良い効果を与えるように計画しました。

台所は他室との間の建具をすべてガラス戸にして光を取り入れること、壁面をすべて白色にすることで元の部屋の暗さを改善しました。
キッチン背面壁の素材はホーローを採用することで掃除がしやすく、マグネットで調理道具や調味料などを壁にレイアウトできてすぐに手が届きます。広い家の中の小さなコックピットのような台所になりました。
猫の出入り制限用のカンヌキ錠は大工さんとお施主さんのお手製です。