大社町のアートスペース


島根県出身の京都芸術大学の学生3人組ユニット「ねねね」さんが改修された大社町のアートスペースにお邪魔してきました。

ねねね
https://www.instagram.com/nenene_pj_ne/

以前工事中に一度伺っていて、山を背負って鬱蒼とした薄暗い環境だったと記憶していたのですが、明るく爽やかなスペースに生まれ変わっていました。

床を抜いて土間コンクリートを張り、展示壁を建てる、照明を付ける等の最小限の工事で展示スペースをつくりながら、縁側前の生垣を撤去する、道路の向かい側にあった崩れ落ちそうな倉庫を解体するなど、建物の周辺環境に手を加えることでスペース全体を明るく爽やかに生まれ変わらせていることがとても共感できました。

プロの職人ではないから、施工精度は多少拙い部分もあるようには思うけど、何はともあれこういう場所をつくりたいんだ、という強い意志があって、それを実行するエネルギーがあって、実際に形にした、そして今回の展示まで実現したということが本当に素晴らしい。

今後あの場所がどのように成長していくか、遠巻きに注目していこうと思います。